手汗が出やすい人はコロナ感染のリスクが下がる?!

トレンド
スポンサーリンク

こんなニュースを見かけました。

昨今はコロナの話題で持ち切りです。第3波が来ていますが出来るだけコロナ感染のリスクが少ないのにこしたことはありませんね。

スポンサーリンク

手汗の効果

花王によりますと手の汗の成分にウイルスや菌から体を守るバリア機能が見つかったようです。

コロナに限った事じゃなくて感染症全般にかかる可能性が下がるとのことです。

なぜ?

花王によりますと感染症に「かかりやすい人」と「かかりにくい人」の手に大腸菌を付着させ、3分後に比較したところ、かかりにくい人の手に付いた大腸菌はほとんど消えていたようです。

手の汗に含まれる乳酸が菌を不活化させたということです。このバリア機能は個人差が大きく、簡単に測定できる機械を開発中です。

さらに、乳酸を含んだクリームなど手洗いや消毒をした清潔な手に塗ることで、日常生活でのバリア機能を強化する商品につなげたい考えです。

手汗が出やすい人は?

遺伝や先天的なものかどうかについては、まだはっきりと明らかにはなっていません。現在、遺伝子研究の分野では手汗の遺伝はないという考えが一般的になってきています。

手汗多汗症という病気もあります。

自律神経のうち交感神経の活発化が発症に関わっています。そして、緊張などのストレスで交感神経が活発化しやすい体質などが親子で似ることはあります。また、手汗が多くなるのは性格もある程度かかわってきます。緊張しやすい、ストレスをためやすい、内気な性格では、手汗が気になって緊張し、さらに汗が増えるスパイラルが起こりやすい傾向があります。

まとめ

手汗が出やすくて手掌多汗症ということで悩んでる方も多いとは思いますが一概に悪いとは言えないかもですね。

最近のコロナ禍の中ではいいニュースですね!

手汗は殺菌効果があるのかもしれませんがしっかり手洗いはしましょう(笑)

コメント